2016年のアニメ映画、どうかしている。~ラスボスは、「この世界の片隅に」~

ShareShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on Pinterest

「君の名は。」「聲の形」と続き、ジャパニメーション映画が一気に躍進した2016年。

クリスマスも近くなってきた今日このごろだが、ここに来てラスボスが現れた。

こうの史代の漫画を原作とする、「この世界の片隅に」だ。

私はこの映画を2016年のNo.1邦画アニメとして推したい。

今回はこのアニメをネタバレ無しで絶賛していく。

意義がある。が、説明の難しい映画

「君の名は。」は、物語の面白さとエンタメ性で群を抜いている。

「聲の形」は、演出と芸術性がすごい。

では、「この世界の片隅には何か?」と言われるとすぐに出てこない。

ただ、これだけは言える。

この映画は、はだしのゲンや火垂るの墓を過去のものにしてしまった。

それくらい、「戦争」というもの。とりわけ、「庶民と戦争」。そして、「生きるということ」について考えさせられる。

私は、池袋の映画館に行ったのだが、終わった瞬間場内は拍手に包まれた。
舞台挨拶やプレミアでもない、普通の上映ではなかなか見られない光景だろう。

決して、暗い話ではない

この作品は、第2次世界大戦中の広島、呉を舞台にしている。
「戦争」「広島」というエッセンスからも、悲惨で悲しい話が想像されるだろう。
しかし、この映画は決して暗くない。むしろ、前向きになれる。

それは、柔らかい絵のタッチのおかげであり、劇中歌のおかげかもしれない。
しかし、何よりも主人公のすずさんが物語を明るく笑えるものにしてくれる。
そして、すずさんの声を当てているのはのん。元の名を能年玲奈という。
これが、素晴らしかった。この映画の一番の功労者は彼女かもしれない。

一つ、この映画で強く感じたことがある。
「人としての生命力とはなんだろうか」ということだ。

どんなに苦しい生活でも、日々の営みを楽しむすずさんを見て、私は「なんて生命力あふれるキャラクターなんだろう」と感じた。サバイバルの能力なんかじゃない。どんなときも人生を楽しめる人。生き抜く力とは、そういうことだと思った。

作られ方がすごい

ちなみに、この映画はクラウドファンディングによる出資で制作されている。つまり、この映画を見たいと思った人がお金を出し合って制作されたのだ。

最近はアニメ業界でもこういった例は増えてきたが、その中でも大成功例といえるだろう。

その証拠に、上映館数は少ないものの先週は興行収入ランキング10位に入っている。SNSでの評判もすこぶるよい。

グーグルトレンドで見てみると、かつてあれだけ話題を呼んだリアディゾンよりも圧倒的だ。すごい。

本当に良い作品なので是非見て欲しい。本当に見て欲しい!

ShareShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on Pinterest

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です