美人とアニメと下着と~とりあえず、池田エライザを推したい~

ShareShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on Pinterest

アニメへの偏見というものがあったのかは定かではないが、最近は「アニメが好きだ」と言ってもそんなにおかしく思われることはないだろう。アニメが市民権を得たというよりは、この情報過多な時代に多様性を認めるマインドが出来上がっているのだろう。そんな流れの一環なのか、アニメ好きを公言するアイドルやモデルが爆発的に増えた気がする。特に、佐野ひなこ、武田玲奈など最近ヒットした娘にはそういった傾向がちらほら。

思い返せば、中高生のころは誰しもが漫画やアニメを見ていただろうから、そういった子が有名になったといえばそれだけなのだが、昔よりもスマートデバイスが発達したおかげで、彼女たちは少年・少女漫画だけではなく青年漫画や深夜アニメにも精通している。

さて、今回はそんなアニメやボカロが好きだという19歳のモデル、池田エライザを取り上げよう。
彼女は、「あるイケてるアニメコラボ商品」で話題になっている。

次、来るぞ。池田エライザ

池田エライザはフィリピンのクォーターで福岡育ちの19歳。

二コラでの活動を経て現在はCanCamの専属モデルだ。女優としても活動しており、みんなエスパーだよのヒロインなどを演じている。

そして、アニメ好き少女である。


ikeda_eraiza

300x400x1911f0499ed8af43e551f5f6

 

彼女の特徴は、なんといってもその顔だち。最近大量発生している所謂ハーフタレントとは少し違う柔らかさがある。

エキゾチックだけど、エキゾチック過ぎないのがいいのだろうか?

私は彼女を見たとき、かつての加藤ローサを思い出した。(後藤真希という説もあり)

 

katorohsatop
懐かしき加藤ローサ

 

エヴァ×ピーチジョンの強烈コラボ

実は池田エライザ。ティーンの女の子の間ではすでに知名度抜群だ。しかし。世間一般にはまだ浸透していないといえる。

そんな中、つい先日彼女の名前がエヴァンゲリオンファンの間に広まった。

その正体がこれだ。

ピーチジョンとエヴァンゲリオンのコラボ下着のモデルに彼女が起用され、そのルックスとプロポーションによって、彼女の知名度は一部で一気に高まった。(CanCamモデルらしからぬGカップらしい)

HP : http://www.peachjohn.co.jp/pj/special/eva/

なお、このコラボ下着。かなり実用的なデザインでつくられており、普通にかわいい。女性のみなさん、これで彼氏を喜ばせてみてはどうだろうか?私は真面目に購入と着用を提案したい。

 

それにしても、こういったコラボはとても良い傾向だ。従来のアニメグッズは大体がキャラが前面に押し出てくるので、アニメが好きでも恥ずかしさが勝って購入しない人がたくさんいたはずだ。(私もそのひとり)

アニメはマネタイズが難しいとよく言うが、こういう層はまだまだアイデアもマーケットもスカスカなので版権元さんは果敢に打って出ていって欲しい。

 

池田エライザのポテンシャル

蛇足だが、池田エライザを推していきたいがために、池田エライザ同様今年来そうな若手女優とGoogleトレンドで比べてみようと思う。

比較対象は下記の通りだ。

引用:rena-takeda.officialsite.co
武田玲奈。監獄学園で一気にメジャーになり、ヤンマガに毎週載ってるんじゃないかというくらい顔を見る。 画像rena-takeda.officialsite.co
161596-2
浜辺美波。あの花のドラマでめんま役を演じ、浅野連ドラ「まれ」に出演。

Googleトレンド

どうだろう。何とも言えない結果に見えなくもないが、浜辺美波は明らかにめんま役の時期に爆発的に伸びている。武田玲奈も監獄学園への出演と、これでもかというくらいへのヤンマガグラビアの効果だろう。

これらに比べると、池田エライザにはまだメジャーな舞台が存在しない。(みんなエスパーだよのヒロインを演じているが、めんまとハナに比べたら明らかにインパクト不足だろう)

しかし、裏を返せばティーンの支持だけで安定した人気を保っているとも言える。

池田エライザはアニメ・マンが好きの20代男子にぶっ刺さるポテンシャル(顔・胸・サブカル)を秘めている。あとは、彼らのタッチポイントをいかに増やすかだけだ。それが、監獄学園のハナであり、あの花のメンマなのだ。男性諸君をぶっ刺す適役が池田エライザに回ることを祈ろう。CanCamモデルというポジションが、彼女が爆発するのを妨げている気もするが、世間は彼女の魅力を放置できないだろう。さもすれば、池田エライザは佐野ひなこのポジションをいとも簡単にさらえるんじゃないだろうか。(下記Twitterは、池田エライザのミサミサ)

 

※さっきのGoogleトレンドに佐野ひなこ入れてみた。
さすが佐野ひなこです。
Googleトレンド

ShareShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on Pinterest

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です