渋谷系という音楽と、その最先端~TWEEDEES~

ShareShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on Pinterest

渋谷系という音楽のジャンルがある。定義は非常に広いが、私は「オシャレ。かわいさ。POPさ」が根底の概念だと思っている。90年代のJ-POPや音ゲー界隈には大きな影響を与えたジャンルと言ってもいいだろう。私は渋谷系をこよなく愛している。そんな私がはっきり言おう。渋谷系とは”中身の無い空っぽの音楽”だ。だが、それがいい。その軽さが、あっさりと心を元気にしてくれる。渋谷系にはそんなパワーが有るのだ。そして、”未来を行っていた音楽”でもあった。最近のギター×ポップなバンドサウンドの源流はここにあるといっても過言ではない。古くはピチカート・ファイブの野宮真貴から始まり、Cymbalsという伝説を経て、現在は収束と拡散を見つつも、ROUND TABLEの北川勝利らが引っ張っているだろう。今回は、そんな渋谷系のこれまでと今を紹介したいと思う。

はじまりは、ピチカート・ファイブ

渋谷系の火付け役ともいえるピチカート・ファイブ。日本で出るには早すぎたといえるくらい洗練されていた。野宮真貴の声は永遠だ。メッセージソングなんかは歌詞自体にとても意味があるのだが、それを軽々しく歌ってくれるところが憎い。”大事なことは軽々しく言うもんだ”と何かの漫画で言っていた気もするが、まさにそんな歌ではないだろうか。

 

伝説、Cymbals

ギターポップというくくりであれば、Cymbalsjの右に出る者はいないだろう。ボーカルが女性のため気がつきにくいが、彼らの音楽はthe band apartやunchainといったフェス系のシャレオツ系のバンドサウンドと違いない。ギター中心の音に、レトロなオルガンやピアノが入ることでなんとも言えない”ハイカラ”さが出る。彼らの音楽は洗練と混沌が混ざり合っていてとてもカラフルだ。

 

渋谷系の重鎮 ROUND TABLE 北川勝利

最近の渋谷系は、アニソンとなることも多い。その明るさや軽さがアニメのOPなんかにはぴったりなのだろう。ROUND TABLEの北川勝利はアニソン界隈で坂本真綾は花澤香菜などに楽曲を提供し、名曲を生み出している。ストリングを使った渋谷系を作らせれば彼の独壇場だ。彼の曲には切なさとキラキラ感が降り注いでいる。

 

もう一人のレジェンド 沖井礼二

北川勝利に並び、渋谷系と言えばこの人だ。彼はうえで紹介したCymbalsのメンバーでもある。ソロユニットであるFROGでは、ラウンジミュージックのようなテイストも取り入れ、しっとりした音楽もこなしている。

 

そして、渋谷系のニュースター TWEEDEES

そして、現在渋谷系の最先端にいるといえるのが、沖井礼二と清浦夏実のユニット、TWEEDEESだろう。

01_Tweedees_TheSoundSounds_LP_H1-H4_150831_1k
アルバムのジャケット。イケてる!

清浦夏実は24歳。透き通る声で幅広いジャンルをこなす実力派。これに、沖井礼二のオシャレサウンドが絡まれば、それは素敵なことになるに決まっている。百読は一聴に如かずだ。とりあえず、聴いてみて欲しい。

 

おまけ POLLYANNA

ミュージックシーンの中心にはなれない、渋谷系。ここに新たに参入するバンドは少ないが、まさに今渋谷系で一旗あげようとしているバンドがあるので紹介だけしておきたい。2014年に結成された、最新型渋谷系ポップバンド POLLYANNAだ。

HP : http://www.pollyanna.me/

 

もし、渋谷系の音楽に興味を持った人がいるならば、渋谷系のバンドばかりのライブ、「ギターポップレストラン」に顔を出してみるのもいいかもしれない。

http://gprofficial.net/

ShareShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on Pinterest

3 comments

    1. コメントどうもありがとうございます!
      早速、見てみました。素敵ですね。
      応援いたします!!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です