2016年春アニメのOPとEDについて

ShareShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on Pinterest
アニメにおいて欠かせない大きな要素。それが、音楽だ。特に、OPとEDはそのアニメの象徴と言っても過言ではない。
最近はアニメのOPも多様性が進み、昔ながらのノリの良いTHEアニソンからロキノン系やEDM界隈のアーティストが担当をしていたりと、大いに楽しめるようになっている。
そこで、今回は最新のアニメの中から注目のOPとEDを紹介したい。

スタイリッシュアニソンといえばコレ(キズナイーバー)

まずは、TRIGGERの新作「キズナイーバー」のOP、LAY YOUR HANDS ON ME。

とりあえず、映像を見ていただきたい。

BOOM BOOM SATELLITES独特の空間系シンセとばっちりかみ合う光の演出。

第一話のこのOPを見た瞬間にこのアニメは見ようと決めたくらいだ。

その後も、様々な光とテクスチャの応酬でキャラクターを彩っていく。

このOP 、アニメの内容は一切語っていない。むしろ、本編を見るとこのOPの雰囲気は何なのだろうと思ったりもする。

(しかし、物語が進めばこのOPの意味が分かるかもしれない…というのもアニメの楽しみだ。)

とにかく、スタイリッシュなOPとしては筆頭だろう。

 

今期No1中毒アニソン(くまみこ)

アニソンは枠に捕らわれず、遊び要素が多い。だからこそ、印象的な曲が多いのだろう。

くまみこのED、「KUMAMIKO DANCING」はまさにそんな曲だ。一度聴けば口ずさんでしまうはずだ。

冒頭のナツ(熊)とマチ(巫女)の可愛らしい掛け合いから、吉幾三チックな訛り全開のBメロ、そしてキャッチーなサビ。聴き手を飽きさせない構成に、映像もRPG風で可愛い出来となっている。

くまみこの内容自体はわりとほっこりしているので、本編が終わった後になんとなくこのEDをだらだらと見てしまうのだ。

それにしても、日岡なつみさんの声がくっそ可愛いのである。

 

最高傑作感満載OP(甲鉄城のカバネリ)

ノイタミナの新作であり、WIT STUDIOの新作。監督は進撃の巨人の荒木哲郎監督。音楽も同じく進撃の巨人を手掛けた澤野弘之。

さらに、キャラデザにはマクロスの美樹本晴彦。

その上さらに、脚本にはコードギアス・プラネテスなどの大河内一郎を加えた最強チームで臨む「甲鉄城のカバネリ」。

その期待を裏切らないOPとなっている。

迫力のあるコーラスとストリングス。予想外なリードメロディ。EGOISTにALIPROJECT要素を加えたような大作だ。

音楽だけでも壮大だが、OP映像ももちろんど迫力。、美樹本晴彦のキャラクターが泥臭くスタイリッシュに荒廃する世界を駆け抜ける様は必見だ。

アニメ自体も、ここまで最高のクオリティで来ており、間違いなく今期見るべき一本だろう。

(にしても、サビの歌詞がド直球すぎてすごい)

 

そう、これだよ。これがアニソンだよ。(あんハピ)

最後に紹介するのが、あんハピの「PUNCH☆MIND☆HAPPINESS」。

これぞ、アニソン。問答無用でアニソンだ。

「パンパンパンチマイン!」の冒頭で視聴者の心を鷲掴み。ちゃっかり各キャラクターの特徴も紹介してしまってる。

こういうアニソンは合いの手が秀逸だ。繰り返す聴くたびにいろんな発見がある。

そして、テンポがいいので気が付けばサビまで聴いてしまう。

何よりサビのメロディが秀逸だ。明るくて、疾走感があって、なんだか切ない。

 

こういうアニソンを聞くたびに、よくもまぁ良いメロディをぽんぽんと生み出せるなぁと感心してしまう。

アニソン作曲者、おそるべし。

※ちなみに、この曲の作曲者は田中秀和さんは、ニャル子のOPやアイマスの曲などを手掛けています。

 

 

以上、2016年春アニメをOPとEDでした。

 

 

ShareShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on Pinterest

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です