ウエダハジメ展へ行ってきた

ShareShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on Pinterest

先日ご紹介したクリエイター、ウエダハジメ。

彼の初の個展である、「ウエダハジメ展」が都内で開催されたので、その様子をレポートする。

※前回の記事:ウエダハジメ:アニメとオシャレの架け橋

 

やっぱりよかったウエダハジメ展~不気味可愛さの魅力~

The Artcomplex Center of Tokyoという洋館のような建物。部屋の一つ一つが個展になっている、素敵なアートスペースだ。

その中でも、ウエダハジメ展はかなりの賑わいを見せていた。

アニメ歴30年はいっていそうな年配の方。一人で来ている若手のオタク。ラブラブリア充カップル。A.P.Cのトートバックを持ったイケメン。ヨガに通い詰めているだろう美形女子…。

改めて、ウエダハジメや物語シリーズのファン層の広さを実感することができた。

 

個展の中では、物語シリーズの作品を中心にスケッチや映像、フィギアの展示と物販の販売が行われていた。

 

スケッチ
スケッチ

 

スペース内にはこれから発売するTシャツがたくさん
スペース内にはこれから発売するTシャツがたくさん
aka
立体感のある作品
kuroiro
光を使った作品

ウエダハジメの作品を一日でたくさん見た結果、ひとつの疑問が浮かんだ。

 

この可愛さの正体は何だろう?

 

デフォルメのシルエットなのか?不気味さなのか?目の描き方なのか?

少なくとも、パワプロくんには感じない可愛さを、ウエダハジメからは感じる。

不気味とは言ったが、正直そこまで不気味ではない。でも、テイストは不気味。

ますます、この謎の不気味可愛さの虜になってしまった。

今後は、

一番くじVプレミアム 〈物語〉シリーズ ウエダハジメver

なるものも、展開される予定らしい。

時期は、夏と書いてあった。今から楽しみでしょうがない。
※一番くじVプレミアムは、一回800円のリッチな一番くじ。文句のつけようのない商品化だ。

物語シリーズ以外にも、是非進出をして欲しいものだ。

ShareShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on Pinterest

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です